大塚商会アルファメールで運用されていたWebサイトのリニューアルで、XserverにWebサーバーのみ移転しました。(DNSレコード設定)

引越しをイメージしたヤドカリの画像

Web制作をしていく上で、サーバーやドメインのいろんな契約または変更に携わることがあります。
今回は一つの備忘録としてブログにしました。

Web制作のリニューアルでのご依頼がありWebサイトを作成させていただいたきました。
現在使用されている大塚商会アルファメールでメールとWebサイトを運用されていますが、
新しく作成したWordPressサイトのバージョンには対応しておらず、
WebサイトのサーバーのみXserverでご利用することとなりました。

この場合、既存の大塚商会と新たにXserver両方に料金が発生してしまいますが、
メールサーバーまでXserverに移管すると、各自のメールソフトに設定の手間がかかる事や、
設定が反映するまで最大72時間もの時間が必要になり、
その間メールが届かなくなる不具合を避ける為です。

目次

Xserver でレンタルサーバーを契約

先ずはXserverでレンタルサーバーの契約をします。

エックスサーバー

こちらの記事で申し込み方法をわかりやすく解説しています。

Xserverの管理画面でIPアドレスをコピー

Xserverでログインします。


Xserverトップページ

サーバー管理をクリックします。


サーバー情報をクリックします。

上から三段目、IPアドレスをコピーします。


大塚商会アルファメール管理画面でDNSレコード設定

大塚商会アルファメールのログインをクリックします。


メールアドレスパスワードを入力してログインします。


WebサービスのDNSレコード設定をクリックします。


反映時間をよく読み理解し上記確認しましたにチェックを入れ進むをクリックします。


www無しの行、鉛筆のマークをクリックします。


IPアドレス/ホスト名の箇所を、先ほどXserverでコピーしたIPアドレスに書き換えます

保存をクリックします。


wwwの行も同様に、鉛筆マークをクリックします。


IPアドレス/ホスト名の箇所を、先ほどXserverでコピーしたIPアドレスに書き換えます

保存をクリックします。


反映されるまで待ちます。


Xserver管理画面でドメイン設定

反映されましたら、
Xserverの管理画面ドメインドメイン設定をクリックします。


ドメイン設定追加タブをクリックします。


ドメイン名を入力します。

確認画面へ進むをクリックします。


約1時間ほどで反映されます。

設定は以上になりますので、WordPress簡単インストールやSSL設定をしてサイトを公開してください。

〜本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる