【40代50代未経験からweb制作】受注方法の紹介とお勧めの受注方法

Thank Youと書いたメモ

web制作の受注方法って、どんなのがあるの?

私は今のところ、営業したことがありません。

最初に友人のサイトを制作し
その後、口コミや紹介でお仕事をいただいてます。

でも実際に、他にどんな方法があるのかも含めて受注方法をご紹介していきますね。

■【独学もあり】40代50代未経験からweb制作 副業や在宅ワークとして始めたい方の学習方法(最短だけど簡単ではありませんw)

目次

受注方法

クラウドソーシング

クラウドワークス

案件に応募する形態になります。

報酬が少額でも、小さな案件(タスク案件)から始めて実績を積み、
自分のスキルで可能なある程度の金額の案件まで伸ばしていきましょう。

人気のある案件には、何十人と応募がありますので、
そこを勝ち抜いてお仕事が取れます。

提案する際には、付加価値をつけて差別化した提案をすると、
受注率が上がります。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドテック

クラウドワークスが運営してます。

業務委託で働きたい。そんな副業やフリーランスのための求人サービスです。

案件、多いです。

フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

Bizseek

ワーカー手数料業界最安級

ランサーズ等大手サイトで仕事が見つけられない、 受注に漏れてしまう方にオススメ

手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

ランサーズ

自分のスキルをアピールして、お仕事を受けるタイプです。

アピールポイントや方法を工夫して、実績を積んでいくとランクも上がり、
受注してもらいやすくなります。

ココナラ

ココナラもランサーズ同様、スキルをアピールして、お仕事を受けるタイプです。

選んでもらえるようなアピールポイントが必要です。

無料登録してくわしくみる

クラウドソーシングは、差別化が必要です。
当たり前のことですが、クライアントさんの立場になって提案し、
マナーや即レスは必須です。

web制作会社さんへ営業

自宅に近いところからweb制作会社さんを探し、
ポートフォリオで自分のスキルを伝え、
業務委託などでお仕事をいただく。

営業メールを送る。

コーダーとしての高スキルが必要です。

■【40代50代未経験からweb制作】スクールならデイトラのWeb制作コース!

Yenta

ビジネスマッチングアプリになります。

良い出会いがあれば、今後のお仕事にも繋がる可能性もあります。

基本無料で使えます。

ネットワークビジネスや、情報商材屋、宗教勧誘などにも利用されているので、
そのあたり個々の判断で、注意が必要です。

■ ビジネス版マッチングアプリ「Yenta」

近所のお店や、行きつけのお店(美容室など)

webサイトを持っていないお店に行った時にでも、
雑談の中で「私web制作してるんですよ〜」と、
気軽な感じで、言ってみるのもアリです。
(因みに私の行きつけの美容室では、サラッと断られましたがw)

どこにチャンスがあるか、わかりません。

美容院

友人、知人

私が行った方法です。

まず友人にweb制作の話をし、
無償で幾つか制作させていただきました。
(無償で良いと言ったのですが、結局報酬いただきました。)

その後、ありがたい事に紹介でお仕事いただいてます。

お茶を飲みながらPCを触っている女性

ここで注意点があります!

もし無償で受ける場合ですが、
本当にサイトを欲しいと思っている、またはリニューアルを強く希望している友人に限定して作成しましょう。
「作ってくれるんだったら〜」ぐらいの相手では、なかなか作業がスムーズに進みませんし、あまり喜んでもらえません。
しかも、大して喜んでもらえないので、紹介もしてもらえませんw

無償で受けて自分が消耗したり疲弊してしまうぐらいなら、
初めからきちんと報酬をいただきましょう!

40代50代だからこそ、web制作においてお勧めな受注方法

私がお勧めするのは
ズバリ
「Yenta」
「近所や行きつけのお店」や
「友人、知人」などの、
エンド営業と呼ばれるものです。

勇気のある方は、異業種交流会も良いと思います。

理由

  • じっくりとクライアントさんと向き合えて、web制作においてのお困りごとを直接聞ける。
    
  • 今まで長年培ってきた、社会人経験や人生経験の積み重ねてきたものを活かし
    強みにできる。
    
  • 人脈があれば使える。
    
  • クライアントさんに、年齢からくる安心感を持っていただける。
    
  • 同年代のクライアントさんの場合、PC苦手意識を持ってる方が多く、
    自分もweb制作の学習を始めるまでは、全く同じ立場だったと共感でき、
    難しい言葉は使用せず、よりわかりやすく説明できる。
    この相手の立場になって提案できる事こそ、スキルよりも重要です。
    
  • web制作の学習において、深いコーディングスキルまでの知識は絶対に必要とはしない。
    (デザインカンプからのコーディングなど)
    
  • クライアントさんに寄り添い、120%全力で取り組めば相手にもその熱量が伝わり、
    喜んでいただけるサイトが出来上がります。
    
  • 直接その喜んでいただけたことを実感できます。
    そして、紹介していただけたり口コミで、次に繋がっていきます。
    
  • クライアントさんにご満足していただけるサイトを納品すると、
    次回のリニューアルの際にも発注していただける可能性が広がります。

まとめ

人それぞれ自分に合った受注方法がありますので、
私が行っている方法が正解ではありません。

クラウドソーシングでも、業務委託でもエンド営業でも、
あなたに合った受注方法。
それが正解なんです。

ただ、年齢を言い訳にせず、
ぜひ年齢を活かしたweb制作を行なっていって欲しいなと思います。

■【40代50代未経験からweb制作】ITアレルギーが強い中高年のクライアント様に寄り添った対応ができる

今からでも決して遅くありません。
人生まだまだ先は長いです。
今日が一番若い日です!
一緒にチャレンジしていきましょう!

〜本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次