[毒親育ち] 生きづらさを乗り越えて、自分の人生を生きる!

桜の画像

ずっと我慢して毒親のそばに居て、自分の人生生きれるのかな?
もったいないよ。。

私は新興宗教にハマった母に育てられ、
強要、支配、過干渉の環境でしたから、
あのまま、ずっと一緒に生活していたら
間違いなく
今は生きていないか
精神を病んで廃人になっていると思います。


早く逃げましょう!!
自分の人生をいきましょう!!

目次

時期が来たら、毒親から逃げましょう!

自立して生きていける時期が来たら、
逃げましょう!!

『自立して生きていける』
ですよ!

なんの計画もなく、
ただ無謀に逃げるだけではダメです!
結果、親に経済的に助けてもらうことになってしまったら、
逃げたいと言いつつ借りを作ってしまい、
ずっと親から離れられなくなります。

親から逃げるのは、
とても勇気が要ると思います。

私の場合は、まだ恵まれていた方かもしれません、
母親がハマっていた新興宗教が経営している会社に
強制的に就職させられた為
その会社の寮での生活になったからで
母親の反対どころか、大喜びで実家を出ることができました。
でも、独り会社で浮いていて、とても孤独でしたけどね。


いつまでも理不尽な親の支配下で、
親の顔色を伺い、
不満だらけの毎日を送っていく時間がもったいないです。

子供は親を選べませんもんね。

毒親から逃げたら、自分の責任で!

いざ、毒親から逃げることができて自由を手にしても、
両手放しで喜んではいられません。

経済面での自立

先ずは、経済的に親に頼らなくても良いように、
自分の収入内でのお金の使い方を身につけましょう。

家賃、光熱費、通信費、食費、、、
実際生活してみると、想像以上にお金がかかるものです。

精神面での自立

毒親に支配されていたとはいえ、
言いなりになっていると、事なきで済んでた今までと違い、
しっかり自分の意思決定で全て行わないといけません。

「毒親育ちだから、自信がない」
のは当たり前で、
それを少しずつ克服していきましょう!

いつまでも支配してきた毒親に、
自分自身が依存してしまわない様に!
簡単なことではなく大変ですが、自分から逃げないように。

自信がないのなら、自信が持てるように、
小さな事から一つずつ学んでいきましょう!

長い間毒親のもと、偏った歪んだ常識の中で生活してきたので、
かなり一般人とはかけ離れています。
非常識なところが多いです。
自覚してください。
私も痛感し、苦労しました。

今の時代、ネットや本でたくさんの事が学べます。

  • 自分に自信がない。
  • 友人を作る自信がない。
  • 恋愛ができるか自信がない。
  • 結婚できるか自信がない。

じゃあ、いっぱい学びましょう!!
って話です。
何かに没頭していると、無駄に毒親の事を考えてしまう時間も少なくなります。

今まで長い間、辛かったのに、
誰にも相談できず、一人で頑張って来れたんです!
それって、すごい事なんです!

そんなあなたなら、出来ます!!

もっと自分に自信を持ちましょう!

自分次第で、変われるんです!

  • 自分に自信を持つ(自信過剰はダメですよw)
  • 大切な友人を作る。
  • 恋愛を楽しむ。
  • 結婚する。
  • 子育てする。

全て、自分次第で可能です。

なんだか、ワクワクしてきませんか?

自分の人生を生きる

環境がどうあれ、
自分を作るのは、自分です。

毒親のせいで、精神的に病んでしまっても、毒親は治してはくれません。

結局自分でどうにか変わらないと仕方ないんです。

毒親から逃げたものの、
やはりトラブルや、迷惑行為の被害から完全には逃れられませんが、
随分回避出来ます。

少なくとも、自分が変わることによって、学ぶことによって、
加害者になる事はありません。

自分はどんな人間になりたいか?どうなりたいか?

漠然とでも良いので、
理想像を思い浮かべ、
それに向けて、学んでいってください。

私も昔は、
母の様になりたくない!!
という反抗心、反発心で色々と学んでましたが、
今では、そんな気持ちよりも、
自分はどんな人間になりたいか、
自分の理想とする人間像を目指して生きてます。

冷たいですが母のことは、
新興宗教によって、
一般常識すら身につけず、
偏った考えや、狭い環境だけで生きてきた、
哀れな人って認識です。

たまに、その人が自分の母親だと思うと、
とても悲しく虚しく切なくなりますが、
母がその道を選んで生きてきたわけですから、
仕方ないですね。

私の人生じゃない。
母の人生ですから。

〜本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。〜


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる